kusabana

園芸科学科 草花経営研究班について

平成31年4月3日(水)

草花経営研究班とは、草花(花卉)をより専門的に学ぶ3年生グループです。

年間20数種類の草花を生産・販売しています。(カーネーション・キク・ダリア・ペチュニアなど)

 また、200平方メートルの巣棟ハウスを活用し、模擬会社「農園moon(のうえんムーン)」として活動しています。経営理念は「地域資源を活かして地域創生を目指す」です。地域の身近なモノやコトを観察し、新しいアイデアで、草花の生産・販売・企画を行っています。

 今後も園芸科学科 草花経営研究班の情報や魅力・メッセージをお届けしていきます。

平成31年4月12日(金)

苗物の鉢上げスタート

 春休み実習(3/22)で種まきしたサルビア・インパチェンスなどの苗物を、3号ポットに鉢上げ(移植)をしています。その数なんと16,000ポットです。5月下旬の出荷予定です。

児湯・西都地区の学校や団体様には、例年どおり注文を受けたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

平成31年4月15日(月)

鉢物の王様「シクラメン」の鉢上げ

 令和元年11月16日(土)の即売会販売に向けて、1鉢1鉢大切に管理していきます。鉢上げのポイントは、球根の上3分の1ほどが、鉢土の表面から出るようにします。深植えは、病気や徒長をまねくため注意します。

平成31年4月17日(水)

農園moon(200㎡のハウス)からです。

月の満ち欠けを利用したホオズキ栽培も3年目になりますが、害虫「オンシツコナジラミ」には、毎年悩まされます。

写真は葉の裏で発見した卵の様子です。

対策の1つとして、黄色の粘着リボンを設置しています。

多く発生した場合、すす病につながり、商品価値が低下するので、観察や注意が必要です。

ページの先頭へ戻る