Management

校訓

  「研学修技」 学問を研究し、技術を修めること

  「勤労興産」 仕事に励み、産業を発展させること

  「礼節敬愛」 礼儀と節度を守り、人を敬い愛し、親しみの気持ちを持つこと

  「感恩報謝」 感謝の気持ちを持ち、恩に報いること

ミッション(本校の使命)

 創立以来、114年に渡り、宮崎の農業を支える人材の育成という使命のもと、これまでのよき伝統を受け継ぎ、校訓「研学修技」「勤労興産」「礼節敬愛」「感恩報謝」を基調とした教育を実践してきた。なかでも、文部科学省指定農業経営者育成高等学校として、保護者や県民、地域に愛された学校づくりを目指す。このため、高い専門性に立脚した特色ある教育活動を展開しながら、生産・加工・流通等の分野における問題解決能力を高め、ふるさとみやざきの発展を担う起業家スピリットとスキルを備えた人材を育成する。

ビジョン(本校の目指す学校像)

【高い専門性を追求できる学校】

 〇農業経営者育成高等学校として日本の食と農を担う人材の育成に努めるとともに、

  部科学省指定の「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール指定校」として

  践研究を通して専門的職業人を育成する。

 〇全ての教職員が「農業専門高等学校拠点校」の一員として情熱と使命感をもち、教

  指導力及び生徒指導力の向上に努め、生徒の進路実現に全力で取り組む。

 〇基礎・基本を重視した普通科教育の充実と、先進的な農業施設・設備を利用した高

  な専門教育を展開して生徒が主体的に学び、夢を持って将来の進路を実現できる学校

  を目指す。


【自己実現を図ることができる学校】

 〇高大連携等により科学技術系人材の育成を行う。

 〇確かな学力と勤労観や職業観を醸成し、将来像を実現できる人材を育成する。

 〇HR活動、生徒会活動、農業クラブ、学校行事及び部活動等を通して、自己及び集

  の在り方についての理解を深めさせ、自主的、自律的な態度と社会性の育成を図る。


【望ましい高校生像を探求できる学校】

 〇自分で考え、正しく判断し、社会人として必要な基盤を身につけた髙農生を育成す

  る。

 〇命を慈しみ、地域社会に積極的に貢献する髙農生を育成する。

今年度の重点目標

(1)生徒それぞれが満足できる進路決定100%
(2)部活動、農業クラブ活動、ボランティア活動等の推進と全国大会出場
(3)出身地域と高鍋町への積極的な貢献
(4)災害への備えや防疫体制の充実等に取り組む安全で安心な学校

ページの先頭へ戻る